2012年09月

アクション1111フライヤーを手に入れる

みなさんこんにちは

11月11日の栃木アクションにむけて
ステージ・音響・パレードの手続き・・・
準備は着々と進んでいるようです。

担当のみなさま本当にありがとうございます。

さてみなさま

「さようなら原発!栃木アクション11.11」
って長いですよね〜
 ですから 省略する事にしました(勝手にですね)

「anti-nuclear tochigi action 11.11」なので
略して「anta11」またの名を「あんた11」
 
  でいいですね!

というわけで
あんた11のフライヤー(チラシ・ビラ)はお持ちですか?
どんどん宣伝してほしいのでいっぱい持って歩くようにしましょう!
まだお持ちでない方、もう無くなってしまった方は
お近くの実行委員会幹事さんまたは
栃木県脱原発パレード実行委員会事務局までお問い合わせください
事務局 宇都宮市一条4−5−11大木法律事務所内
    電話 028−636−0596 Fax 028-637-4886
email   ohki☆soleil.ocn.ne.jp [ ☆を@に変えてね]

面倒だから自分で印刷します(キリッ!)という方のためには
こちらを用意しました。

anta11souko

pdfファイルです、重いです。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト

なかまがふえる

14ひきのねずみシリーズでおなじみの絵本作家
いわむらかずおさん(栃木県益子町在住)に
「さようなら原発!栃木アクション11.11」の賛同人になっていただきました。

11月11日には会場に来てもらえそうです。
(パレードにも参加してもらえるかな〜)
プラカードとかに使えるイラストを描いてもらうことになったので
脱原発ねずみくんがあらわれるのかもしれませんね〜

たのしみだ〜








宣伝フライヤー

9月11日、震災人災原発事故からちょうど一年半になりました。
遅れていましたが
「さようなら原発!栃木アクション11.11」の宣伝用フライヤーを
やっと印刷屋さんに発注しました。

実行委員幹事の皆様には15日の会議で配布する予定です。
アクション11.11を充実したものにしていくためには
もっともっとたくさんの人に協力していただかなければなりません。
どんどん宣伝し実行委員・賛同者・協力者を増やしていきましょう。

メッセージ

さようなら圏発!栃木アクション11.11の準備進行中です。

宣伝用のフライヤーを作成中ですが

呼びかけ人の一人落合恵子さんからメッセージが届きました。

「いま子どもであるひと、これから生まれてくる子どもたち、
さらに幾世代も先の子どもたちまで
放射能で苦しめていいのか!
いのちを、人権を、自然を、地域の結縁を、
原発に分断されてなるものか!
落合恵子(作家・クレヨンハウス主宰)」

フライヤー制作が遅れていましたがそのおかげで?
落合さんからのメッセージを入れることが出来ます。





8.28毎日jp記事


毎日JP 2012年8月28日 栃木版の記事です。



脱原発:パレード、県内でも実施へ 11月11日に /栃木

毎日新聞 2012年08月28日 地方版

 県内でも「原発ノー」の声を高めようと、市民団体「原発いらない栃木の会」や一般市民らでつくる「県脱原発パレード実行委員会」(大木一俊弁護士代表)は26日、役員の第1回会議を宇都宮市内で開いた。11月に行う脱原発パレードの名称を「さようなら原発!栃木アクション11・11」とし、具体的な内容を決めた。

 実行委によると、東京都や福島県で広がる脱原発や再稼働反対の大規模パレードには、多くの県民が参加しているという。県内でも1000人規模のパレードを行うことで、脱原発に共感する県民を集結させようと企画した。

 パレードは11月11日午後1時45分ごろから宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園をスタート。市役所前などを通ってJR宇都宮駅前の「宮の橋」付近までの約1時間のルートを予定している。パレード前には福島県からの避難者、子どもを持つ母親などのリレートークも予定。同市出身の作家、落合恵子さんも呼びかけ人となる。

 また、実行委員会のメンバーも募集中。分担金として個人は1000円、団体は2000円必要。問い合わせは大木一俊法律事務所(電話028・636・0596)。【中津成美】

さようなら原発!栃木アクション11.11

こんにちは!

「さようなら原発栃木アクション11.11」のブログができました。

「原発なんかいらないよ!」と思っているみなさん

11月11日(日)は宇都宮市内で脱原発パレードです。

脱原発という共通の願いを実現するため

みんなで協力しましょう。

栃木県内の様々な個人や団体が集まって

このアクションのための「脱原発パレード栃木県実行委員会」が出来ました。

このブログではさらにたくさんの人々へのご協力を呼びかけ

アクションの準備状況や決まったことの報告をしていきたいと思います。

以下実行委員会のご案内です。





栃木県「脱原発」パレード実行委員会へのご案内

昨年3月の福島第一原発事故は、国や電力会社が唱えてきた原子力安全神話を根底から覆しました。

高濃度の放射性物質に汚染された地域では、長期にわたり人が住むことも立入ることもできなくなり、住民の平穏な生活は破壊されました。放射能汚染は、栃木県にまで及び、住民を外部被曝、内部被曝の危険にさらしています。とりわけ成長期にある子こどもたちへの影響が憂慮されます。さらに放射能汚染は、農林漁業や観光業等にも、深刻な影響をもたらしています。

 また、原発は将来世代に、使用済み核燃料その他の放射性廃棄物の処理という、高いツケを回しているということを気付かせました。

この地震国において、震源域に多数の原発が立地していることを考えるなら、速やかに原子力発電に依存しない社会を作り上げなければなりません。

そのためには、脱原発が国民の意思であることを、継続的に示す必要があります。

東京都や福島県等では、大規模な脱原発や再稼動反対の集会やパレードが実施され、栃木の地からも多く市民が参加しています。栃木県内でも、これまで様々な団体や市民が脱原発の活動をしてきましたが、より大規模に民意を示す場を求める機運が広がりつつあります。

そこで、私たちは、さる8月18日、栃木県脱原発パレード実行委員会を結成して、今年11月11日(日)に、宇都宮市内で1000人以上の参加者による「脱原発」パレード(集合場所は城址公園を予定)を実施することを企画しました。

このパレードは、所属する党派や所属団体等によって細かい点で考え方の違いがあることを互いに認めた上で、「脱原発」の一点で一致団結して実施するもので、なるべく多くの県民が参加できるよう、平和的で開放的なものにしたいと思います。

つきましては、貴方様(貴団体)に栃木県脱原発パレード実行委員会のメンバーとなっていただきたく、お願いする次第です。




宇都宮市一条4丁目5番11号 ℡028-636-0596/fax637-4886/ohki@soleil.ocn.ne.jp

      栃木県脱原発パレード実行委員会代表 弁護士 大 木 一 俊





準備はまだ始まったばかりです。

まだまだたくさんの方々の協力が必要です。

参加者1000人規模なのでそれなりのお金もかかります。

個人1000円・団体2000円の実行委員会分担金をお願いしています。

もちろんカンパ大歓迎です。





会場になる宇都宮城址公園

城址公園

パレードコースは

城址公園〜宇都宮市役所前〜大通り〜宮の橋(予定)





26日に会議があり。取材に来た毎日新聞(web版)に記事がのりました。

毎日JP










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。